テイクオフが上手くできなくて辞めてしまいたい人の対処法

サーフィン歴8年の中級者

万年初心者→様々なHowToを試しつつ徐々に上達→試合で勝ち上れるようになった経験あり。

自身が苦労して上達して行った経験を元に、楽しくサーフィンライフを送れるようなサーフィン有益情報を発信中。

インスタ、TikTokでもサーフィン情報発信中。

リョータ@サーフィンをフォローする

サーフィンスクールに数回通って、そこでおすすめされたサーフィングッズを買い揃えてデビューする人は多いと思います。しかし、その後テイクオフでつまずき断念なんて人が大半な印象です。今回はそういう人の為にアドバイスして行こうと思います。

結論なかなかテイクオフが安定しない人は2ヶ月という期間をもうけて、とにかくサーフィンに行きまくりましょう。理由を話していきます。

理由1.テイクオフの漕ぎ出しのタイミングは、実際にテイクオフを繰り返えさないとわからないから

いくら陸トレをした所で、波に体を押してもらってテイクオフする練習は海でしかできません。特にテイクオフはパドリングするタイミング、体の体重移動などが重要になってくるので実際に海に行って学ぶしかありません。

理由2.乗れる波を見る目が重要だから

サーフィンはテイクオフポジションがかなり重要になってきます。1.2メートル位置がズレると乗れないなんて事も多々あります。またテイクオフして横に行くには更に波選びというのはシビアになってきます。この波を見る目というのも、実際乗れた乗れないという経験を蓄積していかないと養われません。その為、実際に海に行き練習する必要があります。

上記理由からやはり陸トレではなく実際に海に行き学んでいく必要があります。闇雲に海へ入りまくっても十分成長できますが、そうは言っても毎日海に入れるわけもないため頭を使う必要があります。

海で効率的に練習するにはどうすればよいのか?

結論自分の成功体験、失敗体験から改善していく

テイクオフして上手く行った体験は覚えておき、失敗した体験はなぜ失敗したのか考え改善していく。結局この繰り返しです。感覚のスポーツであるからこそ、感覚から学びを得て改善していく必要があります。そのルーティンをメインに、プラスして陸トレやテイクオフのHow Toを補助的に活用するとより良いでしょう。

まとめ

どうでしょうか?結構根性論に行き着いた感じにですね。笑 でも安定して横に行けるようになるとサーフィンがライフスタイルとして定着しやすくなるので頑張ってほしいです。ライフスタイルにサーフィンがあるとかなり良い人生を送れますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました