サーフィン初心者にはあまりサーフスケートはおすすめしないって話(ランプスケートは別なので是非取り入れよう)

純粋にサーフィンを楽しみたい、上手くなりたい

サーフィン歴8年の中級者

万年初心者→様々なHowToを試しつつ徐々に上達→試合で勝ち上れるようになった経験あり。

自身が苦労して上達して行った経験を元に、楽しくサーフィンライフを送れるようなサーフィン有益情報を発信中。

インスタ、TikTokでもサーフィン情報発信中。

リョータ@サーフィンをフォローする

サーフィンとスケボーって密接な関係が、ありますよね。サーフスケートなんて言われてるくらいですし、サーフィン陸トレでよく使われています。確かにサーフスケートは、ライディング中の姿勢であったり、トップターン、ボトムターンの感覚を養うには良い練習になると思います。しかし、テイクオフがまだ安定しない。技が出来ない人に関してはあまりおすすめ出来ないと思っています。

理由1.変な癖がついてしまうから

まだ横に滑り慣れていない段階でサーフスケートをしてしまうと、変な力み等の癖がついてしまう可能性が高いです。特にチックタックをアップスに見立てて行ってしまうとかなり癖がついてしまう可能性が高く、よくサーフスケートでつけてしまったと思われる違和感のある、ぎこちないアップスをしている人を海で見かけます。

理由2.海の感覚や、ライディングをベースにサーフスケートで修正した方が成長効率が良いから

まず海で安定して横に滑れるようにならないと、サーフスケートで修正も何もする事が出来ません。基本的な考えとして、海での練習ベースで補助的なものとしてサーフスケートを取り入れましょう。

上記が初心者がサーフスケートをするべきではないと考える大きな理由です。では初心者はスケボー自体するべきではないのかと言われればそうではありません。ランプでのスケボーは初心者が取り入れても良い効果があると考えます。

ランプでのスケボーなら初心者におすすめできる理由

1.ランプの坂を利用する為、力をあまり使わないから

ランプは坂の高低差を利用するスケボーの遊び方になります。そのため自分が無理に力を入れなくてもスピードが出る為、横乗りにとりあえず慣れておきたい初心者には癖が着き辛くおすすめになります。

1.ランプから下る際、駆け上がる時の感覚がサーフィンと非常に似ているから。

サーフィンでのトップからボトムに降りる時、またボトムターンで駆け上がる時の感覚とランプの動きが非常に似ています。このランプでの動作は非常に大きいものですが、それを細かく行ったものがアップスダウンになります。へたにサーフスケートをするよりランプを使ったほうがアップスダウンの練習になりますのでおすすめです。

とにかくサーフィン初心者はスケボーで変な癖をつけないという事が最重要ポイントとなります。もし今サーフスケートを練習に取り入れてしまっている方はとにかく力を抜く事を前提として、取り組んでみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました