サーフィンと瞑想の結びつきについて

サーフィン歴8年の中級者

万年初心者→様々なHowToを試しつつ徐々に上達→試合で勝ち上れるようになった経験あり。

自身が苦労して上達して行った経験を元に、楽しくサーフィンライフを送れるようなサーフィン有益情報を発信中。

インスタ、TikTokでもサーフィン情報発信中。

リョータ@サーフィンをフォローする

サーフィンと瞑想、似たようなカテゴリーにある感じはありますが、実際は別物というイメージですよね。ですが意外と共通点が多く存在します。今回は、サーフィンと瞑想の結びつき、その効果とメリットに焦点を当てて説明していきます。

サーフィンと瞑想の相似性

サーフィンと瞑想は、見た目や実践方法は異なるものの、いくつかの共通点があります。まず、両者は現在の瞬間への集中を重視しています。サーフィンでは、波に乗る瞬間に全身全霊を捧げる必要があります。同様に、瞑想も現在の瞬間への意識を高めることに焦点を当てています。

また、サーフィンと瞑想は自己超越の経験をもたらす可能性があります。サーフィンの瞬間的な集中と波に乗る喜びは、心理的なフロー状態を引き起こすことがあります。同様に、瞑想は日常的な思考から離れ、自己の枠組みを超える経験をもたらすことがあります。

さらに、自然との一体感もサーフィンと瞑想の共通点です。サーファーは海と密接に関わり、自然の力と調和する必要があります。瞑想も自然とのつながりを深め、内なる平穏を見出す手段として役立ちます。

サーフィンがもたらす瞑想の効果

  1. フロー状態の促進: サーフィンの瞬間的な集中と波に乗る喜びは、心理的なフロー状態を引き起こす可能性があります。※フロー状態とは俗に言うゾーン状態、雑念なく一心に集中している状態を指します。
  2. ストレス軽減とリラックス: 波の中でサーフィンをすることは、日常のストレスから解放される機会を提供します。これにより、心身のリラックスが促進されます。
  3. 心理的な負担を減らす: サーフィンは、マインドフルネスの状態を促進し、不必要な思考や心配事をクリアにする手助けとなります。
  4. 自然とのつながりを深く感じる事ができる: サーフィンを通じて海との密接な関係を築くことで、自然への敬意や感謝の気持ちが高まります。
  5. 瞑想的な状態を知るきっかけになりやすい: サーフィン中に起こる瞬間的な集中と感覚的な体験は、瞑想的な意識状態をもたらすことがあります。テイクオフの瞬間等の精神的な状態をサーフィン後に思いだす事によって、瞑想的な感覚の築きを得やすいです。
  6. 自己成長と向上心の刺激: サーフィンは挑戦的なスポーツであり、自己の制限に向き合い、成長し続けるための意欲を刺激します。瞑想も自己成長等を目的としている場合が多く類似性があります。
  7. 平静と内なる平和の追求: サーフィン中のフロー状態は、雑念を減らし心の平穏と内なる平和を追求する機会を提供します。

まとめ

サーフィンと瞑想、意外と共通点が多いとわかったと思います。ただ漠然とサーフィンするのではなく、これらのメリットがサーフィンから得られると意識するだけでも、よりサーフィンに対して瞑想的な取り組み方ができるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました